CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
みょうこ
思い出の、生物の新居先生 (02/25) michiko
辛い通院 (05/27) みゆう
辛い通院 (05/15) くぼ
辛い通院 (04/15) hiho
忙しい一日 (03/14) う★し
友達が結婚 (03/10) satofumiko
春の日差しに誘われて (03/04)
思い出の、生物の新居先生 [2013年02月25日(Mon)]
私は、彼に勉強を教えてもらったことは、1度もない。

高校に入って、私は彼に、「医者は、生物が得意なんだろうけど、私は、生物が苦手で困っている。」とぐちをこぼした。
そして、高校1年生の時、「新居先生の授業がわからんで、困っている。」と話すと、「新居先生の授業は、ものすごくレベルが高い。」「大学1年生なみの、授業をする。」「おまえにわからんのは、当然だ。」というようなことを言った。

高校3年生になって、また新居先生に習った。
私は、「問題集を買わされて、その中からテストに出る。」と言うと、「問題集を見せてみろ。」と彼が言った。
私は、部屋から取ってきて、彼に見せたことを覚えている。

そして、今だから話すが、私は新居先生のテストで、赤点を取ったことが1度ある。
でも、私たちのクラスは文系なので、新居先生のテストはクラスの半分ぐらいは赤点を取る。
別に、恥ずかしいことではなかった。
そして、合格するまで、何度もなんども追試をする。
私は、1回で追試に合格したので、まだましなほうだった。

そして、新居先生とこんな思い出がある。
それは、暮れも押し迫ったテストのこと。
私は、テストが全然できなかった。
テストの用紙の裏に、先生にこんな手紙を書いた。
「私は、徳大を目指して、5教科7科目を勉強していたが、最近になって、進路を変えて私立大学を受験することにし、英語と国語と社会ばかり勉強している。よって、生物を勉強する時間が、全然ない。昨日も、夜中まで英語の勉強をしていた。それで、今日のテストが、全然わからない。どうか先生、このことを考慮に入れて、今日のテスト、げたをはかして下さい。」

すると、そのテストはできてないのに、てきとうに丸がつけられて、40点がついて返ってきた。
私は、授業の終わりに先生が教室から帰って行くのを、走って行って追いかけて「ありがとうございます。」と礼を言った。

そんなことが、あったのである。
この記事のURL
http://www.ai-ozra.net/archive/205
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
偶然ブログを見つけました。
最近は調子がよさそうですね(笑) だって、毎日更新してますね。
私も武庫川でした。あなたより、一回り違いますが。だから近親感があります。
また、姪っ子が、統合失調症というのも同じです。
過去ログもすべて読みました。
あなたのペースでね!

姪っ子さん、美人ですね。
妹さんは人気ものですね。
お母様は、調子いいですか?
Posted by:みょうこ  at 2013年02月25日(Mon) 22:51

30歳で、統合失調症となり それから、闘いの日々。 笑いあり、涙あり 恋もした。 私の、闘病記です。 是非、読んでみてください。 PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

大空 愛さんの画像
リンク集
http://www.ai-ozra.net/index1_0.rdf
http://www.ai-ozra.net/index2_0.xml